シミの種類とそれぞれの原因

シミの種類とそれぞれの原因

シミというのは何種類もあるってご存知でしたか?シミでもどこに出来ているのかや、シミの色、大きさなどによって種類が違っているのです。

 

例えば、30代から30代の女性で左右対称に頬に出来てしまうシミのことを肝斑といいます。そして、斑点がいくつも鼻の周りに出来てしまうものは雀卵斑といいますし、いぼのように盛り上がってしまうシミは脂漏性角化症という種類に運類されます。

 

シミの色が青っぽく目や頬に出来てしまうシミを遅発性両側性太田母斑、紫外線によって丸くてくっきりと分かるしみのことを老人性色素斑といいます。

 

このように、シミというのは実は色々な種類があり、その種類によって治療法も違っているのです。ですので、自分に出来てしまったシミはどの種類のシミに該当するのかを把握して、適した治療をしていかなくてはなりません。そうしなくては、いつまで経ってもシミが解消されたり、薄くなってくれないという事態になりやすくなってしまいます。