紫外線対策に保湿を始める

紫外線対策に保湿を始める

皆さんは紫外線と聞くと、どのようなものを想像するでしょう?真っ先に思うのは、肌へのトラブルやダメージではないでしょうか。

 

紫外線は、特に春から秋にかけて非常に高くなります。肌の抵抗力を高めるためにも少しは浴びる必要がありますが、強い紫外線を浴び続けると肌はダメージを受け、やがてシミやシワを作る切っ掛けとなってしまいます。

 

しかし紫外線は室内外に限らず浴びるものなので、避けて通るわけにはいきません。また様々な対策を練ったとしても、100パーセント回避することは残念ながら不可能です。

 

できるだけ紫外線を浴びることを避けるためにも、日ごろから様々なケアを欠かさずに行うのが、紫外線から肌を守るのに一番必要なことだと思います。

 

真夏に紫外線を沢山浴びると日焼けをしますが、これをモデルに考えれば、いわゆる紫外線とは肌を「焼く」原因になるものだと考えられます。

 

つまり肌が火傷をしている状態を指すので、肌が赤くなったり黒い痕が残ったりなど、人の肌質によって結果も様々です。

 

しかし紫外線の恐ろしさは、肌が焼けることだけではありません。紫外線は肌の水分をも奪ってしまうのです。水分が奪われた肌は乾燥し、そして乾燥はシワの原因となります。つまり紫外線は、シワの原因を作る恐ろしい存在なのです。

 

この紫外線ですが、細かく分けるとA派とB派という二種類に分類されます。紫外線A派は、肌の土台とも言えるコラーゲンを破壊します。肌を潤し健康な状態に保っている成分のひとつであるコラーゲンが破壊され続けると、肌細胞を作る組織が弱まり、新陳代謝も大きく乱れます。すると水分も不足して、肌はカサカサに乾燥してしまうのです。

 

次に紫外線B派ですが、これはいわゆる日焼けの原因を起こすものとして有名です。肌を焼くことによりメラニンが作られ、これが肌を黒くします。

 

B派は幸い、ある程度ならばサングラスや帽子、日傘などで防ぐことが出来るので、特に真夏は外出時の対策をきちんとすると良いでしょう。紫外線はお肌に大敵なので、少しでも予防するためにも、肌への保湿は日ごろからしっかりと行って下さい。